観葉植物の効果について

バナー
TOP > 観葉植物の効果について

観葉植物の効果について

観葉植物を部屋にインテリアとして置いておくと部屋の雰囲気が柔らかくなり、オシャレで居心地の良い空間を作ることができます。

しかし、雰囲気や見た目だけではなく観葉植物にはさまざまなメリットを得ることができるとされています。

植物にはホルムアルデヒドやキシレン、トルエンなどの有害物質を吸着して分解する作用があるため、タバコや建築資材などから発生する化学物質に対して効果があるのではないかと考えられており、シックハウス症候群を防ぐ効果を期待できます。

観葉植物の葉から蒸散する水分は、夏は気化熱を奪って気温の上昇を抑えることや冬は熱を放出して気温の低下を防ぐことなどの温度の調節、根から吸収した水分を葉から蒸散させて乾いた空気に適度に湿度を与えてくれます。

観葉植物のリースの専門サイトのこちらです。

また、植物が目に入ると人はα波が増幅されるため、血圧が低くなって筋肉の緊張がほぐれるなどのリラックス効果もあります。


近年では100円ショップなどでも販売されており、種類も豊富で簡単に手に入れることができるようになっています。



植物ですので手入れを必要としますが、表面の土が乾いたら底から水が出るほどの水をあげることを基本とし、植物の品種によって調整しながら水やりをしていきます。



日光を当てる場合には直射日光に当ててしまうと葉焼けを起こしてしまう可能性があるため、レースカーテンやガラス越し程度の日光を当てていきます。
養分はさまざまなものがあるため植物に合わせて与えていきます。